専業主婦キャッシングの審査について

一般的に主婦といえば専業主婦も含まれていますが、キャッシング業界では主婦と専業主婦ははっきり区別されています。
パートやアルバイトで小額でも毎月自分自身に給与がもらえているのが主婦、仕事を持たず配偶者にしか給与がないのが専業主婦です。

これはお金を貸してもどこから返すのかという問題が大きく関係しています。
給与の少ない主婦なら給与に見合った金額だけ借りられますが、専業主婦はどこから返済するのか?ということになります。

大手棒掲示板でも「専業主婦ですがキャッシングでお金を借りられますか?」「どこなら貸してもらえますか?」などの質問が目立ちます。
収入ゼロのなのだから貸してもらえないのではないかという思いがあるのですね。

キャッシングの審査は会社員・アルバイト・専業主婦など区別なく進められます。
専業主婦は申し込み本人だけ見れば無職ですが、配偶者に収入があるということを前提に融資してもらえます。

お金の貸出しを規制する法律、総量規制という法律により専業主婦は銀行が運営するキャッシングからしか借りられません。
申し込み後は申し込み本人がどのような人物であるか、お金を貸してもきちんと返済できるだけの人物であるかを総合的に判断します。

特に問題がなければ審査に落ちることはありませんが、配偶者にすでに多くの借入があったり返済が滞っていたりすると審査通過が難しい場合もあります。

一番のネックは審査内容が非公開という点です。
審査に通らなかった人がどうして審査に落ちたのか教えて欲しいと連絡しても絶対に教えてもらえません。
それは誰であっても、どのキャッシング会社でも同じです。

そこで大切になってくるのが事前にどのような項目が見られているのか審査に通らない可能性がある項目を知っておくことです。
知っていれば気をつけることができますし、無駄に申込むことも回避できます。

こちらではお金を借りたいけれど審査が気になる専業主婦のための情報を紹介しています。
申込み前に確認して、不安なく申込めるようにしたいものですね。

sck1301-afe02.-02専業主婦でも借りれるカードローンを紹介します。詳細はコチラ

専業主婦のキャッシングの判定について解説します。