クレジットカードの現金化に注意!

クレジットカードの現金化をご存知でしょうか。
クレジットカードの機能として知られているのはショッピングとキャッシングです。
そしてどちらにも限度額が設けられています。
現金化というのはショッピング利用可能枠を現金に買えることです。

一見、商品ではなくお金を手に入れるのですからいいように見えるのですが、クレジットカード会社は注意喚起を促しており、禁止されている行為です。
そもそもクレジットカードを換金することは、会員規約にも禁止事項として記載されていることです。
クレジットカードの現金化をすることでカードの利用を停止、契約解除されたり、リボ払いなどで残高が残っている場合は一括払いを請求されます。
犯罪やトラブルの元ともなりますので、絶対に手を出さないようにしましょう。

クレジットカードの現金化より安全で確実なのはカードローンです。
銀行カードローンは特に消費者金融と違い、年収の3分の1までしか借りられないということはありませんので、気持ちの上でも楽になるでしょう。
クレジットカードの現金化は利用価値のない商品を購入させて、その購入代金のいくらかをキャッシュバックしようというものです。
しかし商品の購入に結局お金を使っていることになりますので、債務は増えることとなります。
たとえば50万円の商品を購入すれば40万円のキャッシュバックが受けられるという場合、クレジットカードで50万円の商品を購入することになりますから、10万円債務が増えるということになるのです。
絶対に手出ししないようにしましょう。

専業主婦のキャッシングの判定について解説します。

ゴシップ