保証会社の保証を受けられる方ってどういう意味?

カードローンの注意事項などを見ると、保証会社の保証が受けられる、ということがかかれています。
保証会社について、何のことか分からないと思った方もいるでしょう。
カードローンの場合、お金を貸すと、貸した相手が踏み倒してしまうのでは、という危惧を捨て切れません。
そのときのために担保を入れる、保証人を立てる必要があります。
ですがカードローン希望の方の多くは、担保もなければ保証人もいない、家族や知人に知られたくないということが多いです。
そこでカードローン会社は保証人や担保の代わりとして、保証会社を保証人として立てるのです。

この保証会社は、契約者が返済を怠った場合に残額を支払ってくれる会社です。
そうすると、契約者が返済をするのは、カードローン会社ではなく、保証会社へ返済するということになりますが、返済条件は大きく変わります。
どのようなことが起こるかというと、まず金利は高くなりますし、保証会社の中には一括返済をするように言ってくることもあります。

銀行カードローンの場合、補償会社には大手消費者金融が置かれますので、銀行カードローンよりも金利の高いことが多い消費者金融に支払うお金は当然高くなります。
返済が滞るということは、生活も苦しいということです。
このような事態に陥る前に、カードローン会社へ相談してみるといいでしょう。
最近のカードローンは保証人も担保もいらない、非常に使い勝手のいいものです。
しかし、実質的なところは何も変わっていないということを、十分覚えておきましょう。

専業主婦のキャッシングの判定について解説します。

ゴシップ