個人情報とは?

個人情報個人情報とよく言いますが、個人情報とは何でしょうか。
よく大手企業が個人情報が漏洩したとニュースに大々的に取り上げられています。
個人情報というのは個人にかんするプライベートな情報と考えると分かりやすいでしょう。
たとえばフルネーム、性別、生年月日、住所、自宅の電話番号、家族構成、写真、年収、職業があります。
これらは昔からある個人情報で、学校の名簿が売られているという問題もあったものです。
しかし現在、個人情報はさらに増え、携帯電話の番号やメールアドレス、指紋照合や静脈パターンなどといった生体情報にコンピューターにおけるIPアドレスなども含まれます。

つまり、現在個人情報の量は膨大になっており、これを守るための法律も必要不可欠となっていったのです。
そこで思考されたのが個人情報保護法です。
個人情報保護法に違反すれば、その数に応じて何百万、何千万、何億円という賠償が発生します。
日本においては今生存している個人が法律の保護を受けることができ、個人を特定することができる情報が個人情報となっています。
メールアドレスについてはあいまいで、個人を特定することができれば個人情報、特定できなければ個人情報ではないとされています。

カードローンを利用する場合、こうした個人情報に加え、過去の借入歴や延滞、遅延、滞納などをカードローン会社は知ることができます。
信用情報機関という3つの機関が管理していますが、借入申請を受けたカードローン会社はこの情報を元に審査をします。
この情報は法律によって保護されており、決して外に漏れることはないのです。
これはカードローン会社においても同じことなのです。

専業主婦のキャッシングの判定について解説します。

ゴシップ