審査前に仮審査をしてみよう

カードローンを申し込もうと思ったら、まず仮審査をお勧めします。
カードローン会社のホームページを見ると、事前診断などと書かれたボタンを見つけることができるでしょう。
よく3秒診断、項目に答えるだけ、と書かれているものです。
現在の借入件数と金額、希望借入金額などを入力するだけで、借入の可能性はあるかどうかがわかります。

仮審査の意味はもうひとつあります。
それは申し込みをした時、電話で本人確認を取るときです。
本人格をすることが仮審査であり、その後信用情報機関による情報を元に本審査を行います。
しかし、その前に受けられるのが、仮審査やお試し診断ですので、活用するといいでしょう。

この事前仮審査のメリットは、個人情報が漏れないことです。
公式サイトのトップページなどから、簡単な情報入力だけで行い、しかもデータは保存されませんし、個人情報の入力欄もありません。
ですから氏名や住所、生年月日が漏れることはありません。
たとえば大手銀行ローンの事前仮審査では、借入診断として、生年月、性別と結婚状態、保険の種類、他社の借入状況を入力するだけで、借入の可能性を示してくれます。
ただし、ネット銀行の場合はこのネット上での借入診断ができないことが多いので、直接申し込んでから仮審査を受けることになります。
その際、在籍確認や本人確認を受けることになりますので注意しましょう。
また仮審査で有志を受けられると表示されても、本審査が通らない場合もありますので、承知しておきましょう。

専業主婦のキャッシングの判定について解説します。

ゴシップ