申し込みに必要な書類

カードローンを組むにはどのような書類が必要になるのか、細かく言えば会社ごとに異なります。
ですがどのカードローン会社でも共通しているものがありますので、ご紹介します。
この書類を用意しなければ借り入れができませんので、必ず用意しましょう。

まず必要になるのが本人証明書類です。
運転免許証、運転経歴証明書、写真と住所のページのパスポート、健康保険証の被保険者と扶養者の部分、印鑑証明書、住民票、住民基本台帳カード、在留カード、特別永住者証明書のいずれかのコピーを用意することになります。
運転免許証や運転経歴証明書、在留カードや特別永住者証明書の場合、変更事項があれば両面をコピーの上、提出になります。
運転経歴証明書については許可していないローン会社もありますし、期限がありますのでよく確認しましょう。
住民票や印鑑証明書は発行から3ヶ月以上経つと使用できません。
外国人の方は外国人登録証明書であれば、一定期間在留カードや特別永住者証明書の代わりとなります。
本人確認書類で必要なのは住所、生年月日になります。
外国人の場合は永住許可があるかどうかの確認が必要です。

またローン会社によって、借入金額の上限が100万円や200万円なら収入証明書は不要、という場合がありますが、ほとんどの会社では収入証明書や源泉徴収書、住民税決定通知書あるいは課税証明書、納税証明書のいずれかが必要になります。
借り入れるのが個人事業主、会社経営者であれば、住民税決定通知書もしくは課税証明書、あるいは納税証明書がひつようとなります。
借入を希望する会社がどのような書類を必要としているかしっかり確認しておきましょう。

専業主婦のキャッシングの判定について解説します。

ゴシップ