申込み時に嘘をついたらどうなるの?

カードローンの基本は、申し込み時に嘘をつかないことです。
借入ができるように勤続年収や年収を多く書くというようなことは絶対にしてはいけません。
嘘をつけば信用問題にかかわります。

銀行のカードローンは無担保です。
ほとんどの場合保証人も必要ありませんし、場合によっては収入証明書や在籍確認も必要ないというところがあります。
カードローン会社がその人にお金を貸すのは信用できると信じているからです。
もしかしたら、嘘を多少ついても大丈夫、と思っている人もいるかもしれません。
しかし、この嘘は簡単にばれてしまうこともあるのです。

たとえば他の会社からの借入を黙っているというのは、最もしてはいけないことです。
借入件数を0とした場合、審査に一番大きく響く問題で、信用情報機関を調べればすぐにばれてしまう嘘です。
勤務先情報など、個人情報も同じことです。
会社によっては収入証明書の提出、在籍確認を行いますから、すぐにわかってしまいます。
また退職後に借入申請をし、以前いた会社に在籍しているかのように申し込みをする人もいますが、これもすぐにばれてしまいます。
審査する相手は何万件、何十万件ものデータを照合してきたプロです。
ですから嘘はすぐにわかってしまうのです。
万が一申し込みないようにおかしな点がある場合は、すぐに調査が入るのです。
嘘がばれてしまえば、借入はできなくなってしまう可能性が高くなりますから、申し込みの際はしっかりと本当のことを書くようにしましょう。

専業主婦のキャッシングの判定について解説します。

ゴシップ