総量規制とは?

総量規制は貸金業法の一つで、個人の借入総額を、年収の3分の1とする規制です。
これは個人向け貸付のみに適用される規制で、たとえば年収が360万円の人であれば、120万円が借入可能な総額となります。
貸金業者が個人から貸付の申請を受けると、信用情報機関を経て、契約者の個人情報を利用し、他社から借り入れがないかどうかを確認します。
契約がリボルビング契約の場合は、1ヶ月の貸付合計額が5万円以上かつ貸付残高10万円以上の場合、毎月信用情報機関を利用し、残高の確認をしなければなりません。
また貸付残高が10万円以上の場合、3ヵ月後音に信用情報機関を利用し、残高を確認する必要があります。
また貸金業者が50万円以上の貸付をする場合、または他社を含む貸付額が合計100万円以上となる場合は収入証明書を契約者に請求します。

総量規制の例外となるのは、不動産の購入あるいは改良、自動車購入のための貸付、高額療養費目的、有価証券担保、不動産担保、売却予定不動産を売った場合に返済可能、手形割引き、金融商品取引業者による500万円以上の貸付、貸金業者が債権者となる金銭賃借契約媒介です。
つまり、住宅ローンや車のローン、医療ローン、教育ローンなどは対象外となるということです。

総量規制によって、借りすぎ、返済できないということが少なくなりました。
利用者側にしてみると、どのように年収の3分の1まで総額借りているか確かめるのかと思うでしょうが、日本信用情報機構にて全て管理されています。
ローン会社はこの情報を元に、審査を行いますので、借りすぎるということはないのです。

専業主婦のキャッシングの判定について解説します。

ゴシップ