総量規制対象外ってどういう意味?

総量規制という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
総量規制とは、キャッシングを行う際、年収の3分の1を借入金額の上限額とすると定めた規制です。
たとえば年収300万円であれば、借り入れできるのは100万円まで、ということになります。
これは夫婦共働きの場合も同じで、夫婦の年収を合わせた金額の3分の1が上限額となります。
これは賃金業法で決められていることで、個人向け貸付のみが対象となります。

しかし総量規制に当てはまらない借り入れがあります。
それが銀行のカードローンです。
総量規制が適用されるのは消費者金融です。
消費者金融と銀行は違いますから、貸金業法が当てはまる消費者金融のみに適用されるのが総量規制であり、銀行法が適用される銀行のカードローンに総量規制はかからないのです。
つまり、銀行から借入を行えば、年収の3分の1以上の借入ができる可能性があるということです。
借入金額は他社からの借入状況などによって異なりますから、必ずしも希望金額が通るとは限りません。

総量規制対象外のカードローンを利用するときは、多くの業者が金利を高めに設定しています。
そのため、借入をしても、月々の返済額が高くて返せないということになりかねません。
回避するためには、借入申請をする前に返済シミュレーションで、毎月の返済額を比較すること、大手都市銀行グループを利用することです。
年収の3分の1以上の借入を希望する方は、総量規制対象外の銀行カードローンを検討してみるといいでしょう。

専業主婦のキャッシングの判定について解説します。

ゴシップ