返済はどうしたらいいの?

カードローンの返済はあらかじめ決めた約定日までに返済額を入れておくか、提携ATMからできます。
たとえば大手都市銀行のカードローンの場合、自動支払い、ATMの2つから選ぶことができます。
自動支払いの場合は、約定日までに決められた金額を入れておくことになります。
契約者名義の普通預金口座から引き落とされるため便利です。
ATMを利用する場合は提携コンビニATMやその銀行のATMに振り込むだけです。
時間は決められていますが、ほとんどの銀行は手数料がかかりません。

返済方法のもう一つの方法として、臨時返済があります。
これは毎月決められた返済額以上の金額を返済できそうだというときに利用すると便利です。
もちろん返済額が増えた分、借入残高も減りますから、早く返済を終わらせることができます。
ボーナスが出たとき、臨時収入があったときなどに活用するといいでしょう。
ほとんどのカードローン会社が1000~1万円単位で返済可能となっています。
会社により違いがありますので、必ず確認しましょう。

ネット銀行の場合、借入はパソコンや携帯電話、スマホからできますが、返済は提携ATMを利用しなければなりません。
提携ATMは決められていますので、必ずそのネット銀行のマークがついているかどうか確認しましょう。
場合によってはパソコン、携帯電話、スマホで操作することもできますので、事前にチェックしておきましょう。
このように、カードローンの返済方法はいろいろありますから、あなたに合った方法で返済しましょう。

専業主婦のキャッシングの判定について解説します。

ゴシップ