銀行カードローンと消費者金融はどう違うの?

カードローンには銀行カードローンと消費者金融の2つがあります。
どちらも借入を希望する人に対して審査をし、融資をすることを生業としていることに違いはありません。
ですがこの2つは似ているようで明確な違いがあります。
では銀行カードローンと消費者金融はどう違うのでしょうか。

まず銀行カードローンはその名の通り、銀行が融資を行うカードローンです。
カードローンの契約を行うと、銀行ATM、提携銀行ATM、コンビニATMなどで借入をすることができます。
銀行カードローンの特徴は個人が利用するローン以外にも、個人事業者、法人向けローンといったように、たくさんの種類が用意されていることです。
目的に合った商品が用意されていますし、銀行によっては1000万円近い金額を限度額とする銀行もあります。
担保や保証人が必要ない銀行も多いのが特徴です。

一方の消費者金融は、小口融資である無担保融資がほとんどです。
金利も銀行カードローンよりは高めですし、借入金額の上限は年収の3分の1までと決められています。
これは複数の消費者金融を利用する場合も同じです。
たとえば年収600万円の人は200万円が限度額となりますが、A社から100万円借りている場合、B社の限度額は100万円となるということです。
2社の合計限度額が200万円となると、3社目から借り入れすることはできません。
ただ審査は早く、即日有し可能という消費者金融が多いです。
このように、2つには明確な違いがあるのです。

専業主婦のキャッシングの判定について解説します。

ゴシップ