銀行カードローンと銀行系カードローンの違い

銀行カードローンは都市銀行や地方銀行から借り入れることを指します。
銀行が直接発行していますので、総量規制の対象になりません。
一方銀行系カードローンは資金などのサポートを銀行が行っている消費者金融です。
消費者金融ですから貸金業法が適用され、総量規制の対象となります。
では銀行カードローンと銀行系カードローンはほかにどのような違いがあるのでしょうか。
メリットとデメリットの違いから見てみましょう。

まず銀行カードローンですが、金利が低いことがメリットになります。
ただし、銀行系カードローンよりは金利が高く、銀行によっては金利の幅も広くなります。
金利は借入残高によって変わってきますので、よく確認することが大切です。
それから限度額は比較的大きく、ネット銀行系であれば専業主婦でも借入可能な場合があります。
専業主婦が借り入れる場合は限度額が30~50万円と低くなりますが、収入証明書や在籍確認なしで借り入れることができます。
銀行カードローンの場合、知名度の高い銀行が背景にあるため、消費者金融よりも借りやすい、安心感があります。
デメリットは借入る際、信用情報をチェックする目が厳しくなることでしょう。

銀行系カードローンは消費者金融ですから、金利は銀行カードローンよりも低いことが多いです。
年率の幅もそれほど広くはありませんし、限度額も大きくなることがあります。
ただし専業主婦は借入不可、または配偶者に安定した収入がなければ借入できません。
そのため収入証明の提出、在籍確認があるところがほとんどです。
このように、銀行カードローンと銀行系カードローンはまったく違うのです。

専業主婦のキャッシングの判定について解説します。

ゴシップ